4つの手続き

Pocket

クレジットカード債務整理には4種類の手続きがあります。まず1つ目は任意整理です。任意整理は貸金業者と直接交渉をして返済額の減額や借金の総額の減額を交渉する手続きです。複数の貸金業者がある場合でも特定の業者を選んで整理することができ、場合によってはクレジットカードを残すこともできます。裁判所などを通さずに債権者と直接交渉をすることから、ポピュラーな手続きであり、利息の再計算によって過払い金が変換され元金が減ることもあります。ただし任意整理後は5年程度は新規のローンを組むことができなくなります。

2つ目は特定調停です。借金を抱えていて経済的に破綻する恐れがある人を特定債務者といい特定債務者は特定調停の申し立てをすることができます。簡易裁判所で貸金業者と債務者の間に調停委員が介入し、今後の返済額などについて話し合いが行われます。

3つ目は民事再生です。民事再生は個人再生とも呼ばれており、裁判所に民事再生を申し立てることによって借金の総額を減額し、減額した借金を原則3年間で返済する手続きです。安定的な収入が必須ですが、任意整理よりも減額の幅が大きい、借金の理由を問われないなどのメリットがあります。ただし、個人での手続きは専門的な知識が乏しいことから難しく、さらに民事再生後は5年から10年は新たにローンを組むことはできなくなります。

そして4つ目は自己破産です。裁判所にこれ以上返済することができないと申し立てを行い、免責が降りれば借金の返済義務を免除してもらうことができます。

運営者