メリット・デメリット

Pocket

通帳債務整理の中でも最終手段と考えられるのが自己破産です。これ以上借金の返済を続けていくことができない場合に裁判所に申し立てを行い、裁判所で支払いが不可能であると認められ免責が許可されると、抱えている全ての債務を返済する必要がなくなります

手続きが開始すると債権者は給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなり、自己破産をしてもある程度の財産は手元に残すことができます。借金が0になることで苦しい返済の日々から解放されるので、借金を持っている人は自己破産すれば楽になれるのではと思う人もいるでしょう。ですがもちろんデメリットもあります。

自己破産のデメリットとしてまず挙げられるのが、自己破産後はキャッシングカードやクレジットカード、住宅ローンやオートローンなど新たな借り入れができなくなります。また抱えている全ての借金とは言っても税金の支払いは免除されません。この他にも自己破産をすると20万円以下以外の預貯金や財産、生活必需品以外の車や住宅などの高額財産は差し押さえの対象となり、状況によっては家族にバレてしまう可能性があります。住所氏名が一時的に官報という国が発行する機関紙に掲載される、免責決定を受けるまでは警備員や士業など一部就けない職業があります。

運営者