手続きの流れ

Pocket

裁判所自己破産手続きは個人でも裁判所への申し立てなど行うことができますが、専門的な知識を持つ弁護士に依頼する方がスムーズに確実に進めることができます。

自己破産手続きの流れとしては、まずは相談と説明です。弁護士事務所などで借金に関する相談を行い自己破産のメリット・デメリットや手続きに必要な費用、スケジュールなどの説明を受けます。説明に納得することができれば正式に受任契約を結び、弁護士は代理人として貸金業者などの債権者に「受任通知及び債権調査へのご協力のお願い」という通知を発送します。この通知によって全ての督促がストップします。自己破産の申し立てを行うために申立書を作成し、管轄の地方裁判所に提出します。その後免責が確定すると全ての借金の返済義務が免除されます。

自己破産の申し立てをしても、ギャンブルや浪費でできた借金は免責が認められない可能性があります。こういった場合は民事再生や任意整理などを選択することになりますし、自己破産は最後の手段であることを知っておかなければなりません。

借金返済に悩んでいる場合は弁護士に自分の状況を話し、相談することで自己破産以外にも適した解決策があるかどうか一緒に考えてくれます。借金問題に悩んでいる場合はまずは弁護士の無料相談を利用してみましょう。

運営者